生え際 育毛剤

生え際の抜け毛はAGAが多い

最近は特に生え際の抜け毛が気になると悩みを訴える方が多いですが、生え際の抜け毛が見られる特徴として知られているのが男性型脱毛症いわゆるAGAです

 

AGAの特徴として生え際や頭頂部の髪の毛が次第に薄くなっていくことがあげられます。

 

場合によっては生え際と頭頂部が同時に薄くなっていくという方もいますので、気がついた時にはかなり症状が進行した状態になっている場合があります。

 

生え際の抜け毛が多くなるのかという理由はAGAが起こる原因に隠されています。

 

AGAは男性ホルモンの一種であるテストステロンが毛乳頭に存在している5αリダクターゼ酵素という物質と結びつくことによってジヒドロテストステロ(DHT)という物質に変化することが大きな要因です。血流も阻害されやすいので、生え際に効く育毛剤の成分などしっかり確かめてその中でも、血行促進に効果的な成分が配合された育毛剤を使用していくのが良いです。

 

 

DHTは正常なヘアサイクルを阻害する

DHTは髪の毛の生え変わりの周期であるヘアサイクルの邪魔をします。

 

過剰に皮脂を分泌させることによって頭皮環境を悪化させてしまうことで髪の毛の成長に必要な栄養が届きにくくなり、髪の毛が抜け落ちても新しい髪の毛が再生することなく失われる一方になることが髪の毛を薄くさせてしまうことに繋がります。AGAの典型的な特徴である生え際と頭頂部はDHTによる影響を受けやすい場所であると言われています。

 

生え際の抜け毛を解消する育毛剤を選ぼう

今のところは目立って抜け毛の症状が見られなくても、生え際や頭頂部は特に皮脂のベタつきを感じているという方は注意が必要です。男性型脱毛症では生え際の抜け毛と同時に皮脂量も多くなりやすいので、脂性に効果的な育毛剤&シャンプーを選びましょう。

 

男性用の育毛剤での多くは男性型脱毛症でもある生え際の抜け毛解消のための育毛剤であることが多いです。

 

ですので、生え際から抜け毛が多くなる方は選べる育毛剤というのは多い方でしょう。

 

 

めにゅ〜

  • 睡眠の質をあげて薄毛を改善しましょう
  • ワカメは薄毛に効果あるの?
  • 生え際はなかなか育毛剤の効果が出にくい

    男性の脱毛いって思い浮かぶのが男性型脱毛症、AGAです。

     

    このAGAは生え際や頭頂部から薄くなってくというのが特徴です。そして、生え際からの薄毛は特に改善するのが難しいと言われています。しかしだからといって納得できるわけではありません。

     

    生え際の薄毛や抜け毛を改善するために、効果的な育毛剤を探しているという人もいるのではないでしょうか。

     

    そもそもなぜ髪の生え際は頭頂部よりも改善しづらいのでしょうか。まず、AGAの原因について説明したいと思います。AGAの原因はDHTという男性ホルモンであると考えられており、このDHTは男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつく事で作られます。

     

    髪の生え際は頭頂部よりこの5αリダクターゼという酵素の働きが強く、頭頂部よりDHTの影響が大きいことが髪の生え際の薄毛が改善しづらい理由のひとつだといえます。

     

    また、髪の生え際は血管が少なく髪に栄養が届きにくい場所であるといいます。ですから頭皮や髪に栄養を与えても、有効成分を与えても、改善しにくいのだそうです。

     

    生え際に効く育毛剤の選び方は?

    それでは生え際に効果的な育毛剤はどんな育毛剤でしょう。

     

    生え際の発毛は難しいと言われているため、頭頂部より育毛剤の効果が表れにくいといいます。それでも少しでも進行させないため、AGAの根本的な原因であるDHTを抑制するような成分の入った物を選ぶことが大切です。

     

    また、育毛するには頭皮環境を整えることが必要です。弱ってしまった頭皮細胞を活性化させる成分も配合されていることが必要でしょう。

     

    今現在はプロペシアとミノキシジルのペアが最強だと言われていますが、正直、髪の生え際にこれが効くという育毛剤はないというのが現状です。

     

    ただし、頭皮環境を整えながら育毛剤や育毛サプリなどを使って効果が出たという人もいます。まずは生活習慣や食生活を改善し、毎日のシャンプーも見直しながら育毛剤を使っていくのをおすすめします。

     

    育毛剤を選ぶ際は、成分や性能をしっかり吟味して、自分に合うものを選んで行くことをおすすめします。

    生え際の抜け毛は早い段階で処置しよう

    生え際の抜け毛は円形脱毛症のように一気に薄くなるということはまずありえません。

     

    鏡でじっくり観察してみると産毛が残っていることが確認できるかと思います。

     

    DHTの影響によって髪の毛が成長できない状態にあるため産毛のまま残っているのだと考えられます。

     

    この時点で諦めずに正しい処置を行うことによって抜け毛をこれ以上増やさないように食い止めることができ、健康的な髪の毛に成長させることも十分期待することができます。

     

    つまり、生え際の抜け毛はできるだけ早い段階で正しい処置を行うことで回復する期待が持てるという特徴があります。

     

     

    生え際の育毛では生活習慣から見直そう

    生え際の育毛をする際に注意すべきことはまず生活習慣を見直すことです。

     

    現代人は日々の過ごし方で抜け毛が増えやすい環境を自ら作っていると言われています。

     

    生活習慣を見なおして改善することによって育毛環境を整えることに役立つようになります。

     

    食生活は脂っこい食事を避けるようにしてください。

     

    過剰に皮脂を分泌させて毛穴を詰まらせる原因にもなるので注意してください。

     

    逆に積極的に摂取していただきたいのは野菜や海藻、魚、大豆製品などです。

     

    健康な髪の毛に必要な栄養となるビタミンやミネラル、タンパク質をバランスよく摂取することが大切です。

     

     

    髪の毛の成長には良質な睡眠が欠かせない

    髪の毛を成長させるためにもしっかりと睡眠時間を確保することが必要になりますが、睡眠の質にこだわることが重要です。

     

    育毛させるために必要なのが成長ホルモンで、成長ホルモンが活発に分泌すると言われている時間帯の夜10時から深夜2時の間は熟睡していることが大切です。

     

    できるだけ早めに眠るようにして、朝日が上る時間に合わせて起きるようにすると体のリズムが整い、髪の毛にとっても良い状態となります。

    生え際の育毛に欠かせないスカルプシャンプー

    仕事や家庭の影響でストレスを多く感じている方は要注意です。

     

    ストレスを感じることによって自律神経のバランスを崩しやすくなってしまいます。
    すると血管が収縮し、血行が極端に悪化してしまいます。

     

    頭皮への血行が悪くなることによって髪の成長に必要な栄養が届けられなくなってしまいます。
    喫煙をしている方も同様なのでできるだけ禁煙をするように努力することも必要になります。

     

    このように普段の生活で改善すべき点を確認して、できることから改善していきましょう。
    また、忘れてはいけないのが毎日のように行うシャンプーの仕方です。

     

    正しいシャンプーの仕方を実践して頭皮の汚れをきちんと落として清潔な状態を維持することが必要ですが、市販のシャンプーでは刺激が強すぎるため頭皮や髪の毛にとって良い影響は与えません。

     

    できるだけ頭皮環境を整えるために最適なスカルプシャンプーなど刺激の少ないものを使用することが大切です。


    このページの先頭へ戻る